犬2号は昨年12月15日に急性白血病と診断され、2月22日の朝、家族全員に見守られて自宅から旅立っていきました。

2013 030

犬2号は予防接種以外で獣医さんにかかったことがない健康な犬でした。診断結果を知ったときは、現実感がなくただただ呆然。まだ8才だし。でも、庭に積もった雪以外は積極的に口にしなくなってしまったので、これは悪い夢ではないのだと気づいたり。

しばらくは食欲を回復するために処方されたコルティゾン(ステロイド)を飲ませつつ、少量で栄養価の高い療養食をシリンジで与える日々が続きましたが、クリスマスイブにとても嬉しいギフトをくれました。

家人の仕事の都合で不在で独りで過ごすつもりでいたクリスマスイブ、同僚がディナーに呼んでくれましたが、犬2号の様子次第なので当日返事することにして保留にしていました。

わが家のキッチンは2階にあるので、犬の食事の準備を始める微かな音を聞きつけて2組の4本足が階段を駆け上がってくるのが日課でしたが、この2組が1組になってしまい寂しい思いをしていました。

ところが、その日の朝は足音が2組に増えていました!そして旺盛な食欲。お腹を空かせた犬って、なんてすてきでしょう。

small_small_IMG_3664

同僚にこのうれしいニュースを伝えて、わたしはいそいそとディナーに出かけていきました。

この日以降、栄養のあるトッピングを作ることが楽しみになりました。牧場を経営している知り合いが進呈してくれた大量の牛骨から作ったスープやゼラチン質を固めたおやつ、ゆで卵やオムレツ、鶏の胸肉やレバーのボイル、あれもこれも食べてくれました。

それから2か月、元気な姿を見せてわたしたちを喜ばせてくれました。

small_IMG_3725

こんな、エネルギーに溢れる晴天の日も太陽に負けずにすたすた。

small_IMG_3724

寒さには敏感になっていましたが、寒くない時間帯を選んで出かけると足取りもしっかり。残された日々を満喫してくれました。

small_IMG_3727

ここで少し犬2号と過ごした日々を振り返ってみます。以前にアップした画像もありますが、おつきあいください。

わたしが気に入っている失敗写真。

small_IMG_0620

いつもシリアスな顔のパピー時代。

small_IMG_0647

成長するにしたがって、スマイルが増えてきました。

small_IMG_2345

水泳が大好き。

small_small_IMG_2653

よく木の枝を拾って家まで持ち帰りました。薪には困らないほど集まりましたが、わが家には暖炉がありません。

small_small_IMG_3035

ねこさんと。とても仲良しでした。

small_403

ねこさんは犬2号が大好きでした。

small_405

犬用カウチで犬1号と仲良く。

small_IMG_2685

犬1号が旅立ってしまって、わたしたちは寂しさを紛らわせるために短い旅行に出ました。どこへでもうれしそうについてくる犬2号がいてくれたので、感傷にも浸らず楽しく過ごしました。

small_008

ときどき持て余していましたが、もちろん二代目とも仲良し。

small_IMG_1867

犬1号がいたときは、不安になると1号の後ろに隠れるような感じでしたが。二代目が来てからは、しっかりとした姉犬になりました。

2013 032

二代目は目立ちたがり屋ですが、その後ろで犬2号はにこにこ。

small_IMG_3101

以前アップしたビデオですが、再度載せてしまいます。

 

犬2号が旅立った朝は、冬日とはいえ穏やかな良いお天気になりそうな日でした。予想通り、お昼前から太陽が出て、気持ちの良い日でした。

small_IMG_3732

この日、不思議だけれど良いことがあったので記しておきます。

犬2号が旅立とうとしているとき、二代目がおもちゃを持ってきて犬2号の傍に置いて行きました。二代目は、おもちゃに関してはとても独占欲が強いので、犬2号の隙を狙って取り上げることはあっても、一緒に遊ぶためにシェアするようなことは今だかつてなかったことです。二代目は何度か同じことを繰り返していたので、偶然というわけでもないようです。二代目、ちょっと見直してしまいました。

そして、もうひとつ。家人がガレージでちょっとした作業をしていて指についたオイルを紙で拭ったところ、こんな形になったそうです。犬2号の横顔のように見えるので大切にとっておきます。

Zoey profile

不満やら、不安やら、ストレスやらで心がいっぱいいっぱいになったとき、わたしたちは、おっとり、少々ぼけちゃんだった犬2号にずいぶん助けられました。

「がんばりすぎないで、みんなで一緒にいられるハッピーなこの瞬間をよろこびましょ。ねぇ、遊びにいこうよ」

そうだね、楽しい時間は何故かあっという間に過ぎてしまうから。そんなことを教えてくれた犬2号にありがとう。

そういう訳で、今更ながらジミ・ヘンドリックスに目覚めつつあるわたしはこの曲を勝手に犬2号のテーマにしちゃいます。


When I'm sad, she comes to me
With thousands of smiles, she gives to me free
"It's alright" she says
"It's alright.  Take anything you want from me.  Anything"

虹の橋とやらがあるそうなので、また会える日までのしばしのお別れです。

2013 042





ジャーマン・シェパード ブログランキングへ