2つ目の季節が巡ってきてしまいましたが、去年の日本の旅のまとめ最終回です。

2週間は長いつもりでいましたが、あっという間に過ぎて行ってしまいました。最終日の午前中、荷造りを済ませて、ホテルのそばを散歩して、気が付くとお昼近くになっていました。

この日は京都も日本も最後なので、懐石料理にしました。

個室に案内されると、ほんのりと清涼感のあるお香のかおりがしました。

small_IMG_1529

窓の外を眺めていると、今回の旅行はもしかしたら全部夢だったのではないかという気がしました。家人は日本のどこへ行っても、日本で何をしても新鮮で楽しいそうですが、わたしも最近では同じような感想を持つようになってきました。もうしばらく覚めずにいてほしい、すてきな夢のようです。

small_IMG_1535

冬の冷え込みを感じ始める肌寒い日でした。暖かいお茶で一息ついているとお料理が運ばれてきました。

これは宮中の儀式を模したそうで、お餅を包むそうですが、

small_IMG_1538

開くと、秋がたくさん隠れていました。

small_IMG_1541

外の景色は秋。テーブルの上も秋で季節を堪能しながらのお昼です。

dishes 1

お鍋はにおいが強いので固形燃料を使わず、炭を使っているそうです。炭が燃える暖かい香り。

dishes 2

早すぎず、待ち過ぎず、絶妙なタイミングでお料理が運ばれてくるので、ゆったりとした気分で味わうことができました。

dishes 3

柿にはブランデーがまぶしてありました。

日本に居た頃、干し柿をコニャックに漬けている人がいて、わたしも少しいただきましたが、柿とブランデーはとても合うのですね。

small_IMG_1559

とても豊かな気分で料亭を後にして、哲学の道は向かいました。

5年前に家人と歩いたのは6月の暑い日で、真昼間なのにひと気がなく、どことなくシュールな感じがしたのですが、今は紅葉のシーズン、だいぶ賑やかでした。それでも疎水には鴨たちがのんびりと浮かんでいました。

small_IMG_1574

哲学の道には猫さんがたくさんいます。どんな思索に耽っているでしょう。

small_IMG_1579

哲学の道を抜けて銀閣寺へ向かいます。

small_IMG_1589

銀閣寺の庭の一部。斬新!な感じです。

small_IMG_1591

もみじがアクセントになっていておしゃれですが、誰かが置いたわけでもなく…

small_IMG_1598

銀閣寺裏手の高台から。

small_IMG_1600

いったんホテルに戻って、日が暮れてから清水寺のライトアップを見にいきました。

small_IMG_1639

清水の舞台を下から眺めるとこんな感じです。

small_IMG_1645

昼間とは違う、幻想的な景色でした。

small_IMG_1654

清水寺の見学が終わると、9時近くになっていました。

さて、最後の夜の食事は何にしましょう。夕食には遅い時間帯なので選択肢は限られています。わたしは家人よりも日本に来るチャンスが多いので、選択権は家人に譲りました。ホテルの傍のやきとり屋さんに行きたいとのこと。わたしも実はもう一度行きたいと思っていたお店なので、迷うことなくバスに乗って丸太町へ戻りました。

丸太町に近づくと、もしかして休店日かもしれない、何かの都合で早じまいしていかもしれないと不安になりましたが、杞憂でした。

初めて来たときと同じように、炭火串焼つじやの提灯に灯が点っていました。ホテルの近くをぶらぶらしていたときにこの提灯と外に出ているメニューに惹かれて入ってみたお店です。カナダに帰る前にもう一度来ることができました。

small_IMG_1661

わたしは浦島していますので、今回の旅行で今更ながら焼酎の梅サワーに開眼しましたが、こちらの梅サワーが特に気に入りました。

大根の突き出し。シンプルなようで、奥の深いスローフードです。薄味のお出汁のしみ込み具合とねぎのアクセント、野菜にこだわっているお店の味です。

small_IMG_1655

これは鴨のお鍋だったか、記憶が定かではありませんが、たっぷりのねぎがとても美味でした。

small_IMG_1656

こちらのサラダは特に気に入りました。程よい量のシンプルなドレッシングがいい感じに野菜に絡んでいました。

写真を撮り忘れましたが、焼野菜もいくつかいただきました。それぞれの野菜がいちばんおいしくなる焼き方でした。

small_IMG_1657

鶏肉は放し飼いの鳥だそうで、肉がみっしりと締まって心地よい食感でした。わたしは、肉類は塩味が好みなので、こちらのメニューは塩焼きが多いのが嬉しかったです。

手前は豚肉と牛肉。お味噌や葱をちょっと付けて。

small_IMG_1659

インテリアや食器などとても感じが良く、寛げるお店でした。日本語で話始めると、ついおしゃべりになってしまうのですが、お店の方も優しくおつきあいしてくれました。次回、京都に来たら是非またお邪魔してしまいます。

後ろ髪引かれる思いで、とぼとぼとホテルまで歩いて帰りましたが、犬たちにも会いたくなってきたし、仕事も溜まっていることだろうし、そろそろ現実に戻ることにします。

新幹線で東京へ向かい、成田から古巣へ帰りました。

small_IMG_1663




ジャーマン・シェパード ブログランキングへ