カナダの山奥で犬と田舎暮らし

カナダBC州の奥地に移住してきました。大型犬2匹と暮らす毎日、カナダ国内旅行、ときどき浦島状態の日本再発見の旅の記録です。

山火事による避難命令が警告に引き下げられ、わが家は7月末に帰宅することができましたが、8月6日現在、燃え続けている山火事が132件、5,912㎢燃えつくされました。東京都の面積が約2,200㎢ですから、2倍を超える面積が燃えたことになります。今回の山火事は、8,500㎢を焼き尽くした1958年の山火事に次ぐ被害だとのことです。

地元ウィリアムズレイクでは、未だ警告の状態ですし、山火事の季節は始まったばかりなので、状況次第では再度避難することも頭に入れて生活しています。

夏は通常でも山火事のリスクがあるので、消防署の前の立て札で焚火などをしても良いか確認します。今は、もちろんこの通り、「非常に危険」。

small_IMG_2773

山火事の直接の被害に加えて、煙による空気の汚染のため、呼吸器疾患など健康が心配な人やその家族など、今も避難生活をしている人もいます。最初の山火事の2~3日後、空気の汚染が著しく、わが家でも避難を検討しました。この時点で、市内の病院では重症患者をプリンスジョージに移送していました。

スーパーマーケットなど、生活必需品を販売するお店は開店していますが、普段の営業時間を短縮して早じまいするお店、警告が出た直後から閉店しているお店もあります。カナディアンタイアは2~3日前から営業を始めましたが、ウォールマートは今も閉店中です。開店中のお店も人手が足りない状態で営業しているような印象です。

さて、今回は非常にローカルなトピックですが、自分の備忘録も兼ねて進めてまいります。

情報収集

地元で警告が出たときは電話で連絡があったようです。わたしは家にいましたが、電話が出ると数秒の間があり、そういう電話は大抵セールスコールだろうと思って切ってしまいました。

近所の人が、録音状態の悪いテープが回っていて、山火事のことだけど内容がはっきりしないのでと情報交換しましょっということでしたが、何も訊かずに切ってしまったわたしは何も解らず。幸い、詳細を知るための電話番号をメモしてくれていたので、そちらにかけると警告だったと知りました。電話の主を確認せずに切ってしまうのはだめですね。

その後、周囲に煙で霧がかかったようになっていたので離れた場所を自分の目で確かめることができなくなりました。山火事があちこちで広がっていることは知っていましたが、実際、地元ではどんな状態か、なかなか知ることがはできなくなりました。誰かの「~だと思う」という考察がいつの間にか「~だ」という情報になってしまうことが気がかりだったので、情報源は慎重に選ぶようにしました。

それが正しいかは個人の判断ですが、わたしはこちらの情報を頼りにしていました。

  • ウィリアムズレイク市のツイッターとFB

  • CRD (カリブー地域の政府機関)Emergency OperationsFB

  • ウィリアムズレイク市のツイッターとFB                

  • Emergency Info BCのツイッターとリンク

  • BC Wildfire Serviceのツイッターとリン


報道に関しては、どちらともとれるような曖昧な表現や、データが出るはずもない速度で結論を述べていた報道もあったので、あくまでも参考として使いました。

避難命令

避難命令は地元政府が発令し、地元警察または連邦警察が実際の避難を執行します。わたしは、警告の時点で避難していたので経験していませんが、警察官が1件1件回って告知したそうです。

車での移動が当たり前のようなコミュニティではありますが、交通手段のない人には何か所かミーティングポイントが設けられていて、バスが提供されました。

「推奨しませんが」という但し書きはありますが、成人は避難をしない権利があります。避難をしないことを選択したら、自分の所有地に留まらなければいけません。また、一旦所有地を離れたら、戻ることができません。牧場や畜産農家は餌を与えたり、世話をするために一時的にも所有地に戻れなくなるため、避難をしない選択をされた人がいたそうです。

わたしたちは命令が出る前に北のクネル市に避難し、北上することはできましたが、クネルから南に向かう道路は閉鎖されていたので、その時点で再び家に戻ることはできませんでした。地元では、警告の時点で避難した人が半数ほどだったので、留守宅の増えたコミュニティの保安のため、出入りの規制をしていたようです。

また、地元に避難命令が出た場合、わたしも含めて、北のプリンスジョージに向かうものと思っていましたが、実際は南のカムループスへ誘導され、プリンスジョージの親族の元に身を寄せるつもりだった人はだいぶ迂回してたどり着いたそうです。

わたしたちは、会社に促されるまま早めにクネルに避難したわけですが、避難地への移動が容易であったこと、仕事を続けることができたことなど、本当に幸運だったと思っています。迅速な判断で地元に残っていた従業員を移してくれた会社や担当の人たちには、今もとても感謝しています。

また、避難命令が出た後、日本領事館から避難先の確認のメールがありました。日本人であることで、気に懸けていてくれている方がいたこと、とても心強く思いました。

チェックリスト

地元に警告が出た頃、勤務先に避難の際のチェックリストのコピーがあったのでもらってきました。


small_IMG_2782

ガソリンを充分補給する、重要書類・現金・医薬品や処方箋を持って出るなど常識的な事柄以外で目に付いたものは、

  • 金属製のブラインドがあれば閉める

  • 可燃性の窓装飾品は外す

  • 庭用の家具(テーブル・椅子)などは(消火などの邪魔にならないよう)庭の片隅にまとめる

  • 庭用のスプリンクラーは水道に繋いだままにしておく。

  • ガス栓を閉め、冷蔵庫・冷凍庫以外の電気製品はコンセントを外す。

  • 外灯は点けておく(家が見つけやすいためと停電があった場合電力会社の職員が通電している家をすぐに見分けられるよう)

  • ペットは置いて行ってはいけない

  • 避難したら、Emergency Social Serviceに登録する(受給資格のある援助を受け取るため)

などです。

長くなりましたので、ペット事情と空気汚染については次のページへ続きます。







ジャーマン・シェパード ブログランキングへ

続きを読む

地元ウィリアムズレイクでは山火事による避難命令が7月16日(土)午後6時に発令され、住民は300kmほど南のカムループスが指定避難地として移動させられました。

わが家は2匹の犬たちと共に同じ週の木曜日、警告の段階でクネルに避難していました。クネル付近でも山火事が起きており、ここで避難命令が発令されれば、さらに北のプリンスジョージへと移動する可能性も考えつつ、避難生活を送りました。

幸い会社が用意してくれたホテルがあったので眠る場所の心配もなく、犬たちは預かってくれるボランティア団体のお世話になって仕事も続行することができたので、とても恵まれた環境での避難生活でした。

そして、7月27日(木)お昼頃にウィリアムズレイクの避難命令が避難警告に引き下げられ、翌28日に帰宅しました。

ウィリアムズレイクの近郊でも、場所によっては未だ避難命令のままの所もあり、帰宅できない同僚もいます。また状況次第で再度避難しなくてはならないという不安定さはありますが、とりあえずは帰宅できたことを喜んでいます。

帰宅途中、市街地の入り口でこの看板を見たときは、かなり胸がきゅんとしました。

small_IMG_2770

それでは、再び時系列で続編です。

7月14日(金)

避難をしたら、避難地で登録をすることになっているので手続きを行いました。

避難の登録は2種類ありました。

連邦政府が赤十字を通して、避難した人たち向けの援助と家族が避難地を特定するために行っているものはウェブサイトか電話で登録します。こちらは、避難命令が出た地域の人で、すぐに援助を必要としている人が優先的に受けられるものです。

もうひとつは、州政府が行っているもので、避難地の地方自治体で登録します。クネルではロデオ会場の隣にあるArts & Recriation Centreに仮設の登録所がありました。

small_IMG_2719

登録をすると、避難の状況に応じて食料・宿泊・衣類・交通費・付帯費(衛生用品・洗濯用品・ペットフードやペットの宿泊費・医薬品)などの援助が与えられます。援助の額や期間は法務省に当たるMinistry of Justiceにより決められています。

わが家は警告の時点で避難、宿泊先あり、仕事を続行できる状態にあったのですが、1人当たり、1日22.50ドルの食料品のバウチャーをいただきました。その場で自分の好みのスーパーマーケットで買い物ができる5日分のバウチャーを作ってくれたので、とても助かりました。

この日の夕方は、知人がBBQによんでくれました。

地元では、牧場や畜産をしているわけではなく、色々な動物を飼っている家庭があるのですが、このお宅もそんな感じです。

ミニチュアヤギのダニーをデイジー。2匹とも、もう15才だそうです。

small_IMG_2707

ぶたもいました。

small_IMG_2708

馬は3頭。

small_IMG_2713

そして、ボーダーコリーのサニー。くるくる動きまわるので、うまく写真に納まらなかったのですが、とてもフレンドリー。

small_IMG_2717

奥様はフィリピン人で、フィリピン料理を作るから明日もご飯を食べにいらっしゃいとのことでした。よく知らない土地で不安満載の生活を始めた避難民としては、とてもとてもありがたいことです。暖かいお気持ちに大感謝。

帰り道、まだ日が残っていたので家人と犬たちを伴ってダウンタウンを散歩しました。

small_IMG_2724

クネルは、とても感じのよい街です。でも、煙の向こうに沈んでいく太陽を見ると現実に引き戻されました。

small_IMG_2723

7月15日(土)

知人のお言葉に甘えて、夕食をいただきに行きました。

奥様が食事の準備中は邪魔をすると指を切り落とされるかもしれないそうなので、居間でテレビのニュースをみていたところ、辺りがにわかに掻き曇ってきました。この日は曇っていましたが、普段なら10時近くまで明るいのに、こんなに暗くなってしまいました。未だ6時になったばかりなのに。

夕立でも来れば多少は火事を食い止められるかもしれませんが、雷雨となれば新たな山火事が発生する可能性もあり、強い風で木が揺れるたびに不安な気持ちにさせられました。

small_IMG_3555

地元ウィリアムズレイクではどんな様子か、それぞれが知り合いにテキストメッセージなどを送り始めた頃、避難命令が発令されたことを知りました。

後日談ですが、ウィリアムズレイクの住民1万人強の半分ほどがわが家同様、警告の時点で避難してましたが、残っていた人たちは避難命令が出て即移動しなければならなく、大変な渋滞だったそうです。避難地は北のプリンスジョージではなく、南のカムループスを指定され、通常なら3時間ほどの距離に7時間以上かかり、明け方近くにたどり着いた人もいたそうです。

7月16日(日)

この時点で、避難している人が約3万7千人、確認されている山火事162件、避難命令49、避難警告23と報道されていました。

この山火事の直接の原因はやはり落雷によるものだったそうです。ウィリアムズレイクは森に囲まれているだけに、天候次第かと思うと暗い気持ちになってしまいました。

いくら考えたところで状況は変わりませんし、明日から仕事。せっかくクネルにいるのだから、今は少しでも楽しく過ごそうと街を散策してみることにしました。

クネルには、街をぐるりと回るトレールがあります。

small_IMG_2748

閑静な住宅街やダウンタウン、フレーザー川沿いを歩いたり、全長5キロほどのコースです。

こんなすてきな並木道があったり、

small_IMG_2740

線路を上から眺めて、

small_IMG_2742

フレーザー川沿いに出ました。

small_IMG_2741

ダウンタウンの消火栓は、市の歴史にまつわる人物が描かれていて、それを巡るウォーキングツアーもあるそうです。

犬が描かれていたので、記念写真を撮りました。あとで調べてみましたが、この犬については見つかりませんでした。

small_IMG_2731

空は相変わらず、煙向うに隠れていました。

small_IMG_2736

夕方、上司から明日はホテルの会議室で仕事をするとテキストメッセージがきました。

続きを読む

ここBC州では、7月初旬が山火事のシーズンの始まりなのですが、今年は落雷による山火事があちこちで発生、緊急事態宣言が出され現在も消火活動が行われています。

7月22日の時点で、州内で161件の山火事が燃え続けており、52のコミュニティに避難命令が出されています。

地元ウィリアムズレイクでは、7月15日に避難命令(order)が発令、1万人ほどの住人が北部のプリンスジョージ、または南部のカムループスに避難中です。最新のニュースでは鎮火の状況は10%ほどで、インフラの整備なども行わなければならないため、未だ帰宅の目途は立っていません。

わが家は避難警告(alert)の時点で、ウィリアムズレイクから120kmほど北にあるクネル(Quesnel)市に避難してホテル暮らしを続けています。

それでは、時系列で現在までの記録を書いていきます。

7月7日(金)


勤務先から帰宅途中、ものすごい煙が上がっているのが見えました。市内から十数キロ北にあるワイルドウッドというコミュニティの奥にある森林ではないかと思いました。さらに市内に向かって南下すると、空港付近から2か所煙が上がっていました。

わたしが通過した時刻とほぼ同じころに撮影されたYouTubeビデオを見つけました。




この時点では何が起こったのか見当もつかず、とりあえず帰宅しました。

家の前から眺めると、さらに南の150マイルハウスという場所辺りからも別な煙が上がっていました。

small_IMG_3389

山火事だということには気づきましたが、離れた複数の場所で同時に発生するって???

しばらくして、地元から100数キロ離れた100マイルハウスに住む家人の友人から連絡があり、仕事でウィリアムズレイクに来ていたが、ハイウエイが閉鎖されて家に帰れないので泊めてほしいとのことでした。

市の近辺にいるのだから小1時間もすれば訪ねてくると思っていたのですが、実際到着したのは2時間以上経ってからでした。同僚を送り届けてから来たそうですが、あちこちで道路が閉鎖されていたので、バックカントリーロードと呼ばれる山の中の道を通ってきたので時間がかかったとのこと。

彼は山火事が発生したときに車を運転していたそうですが、稲妻が光った直後に煙があがったから落雷が原因ではないかと言っていました。

わたしは翌日が土曜出勤で四半期締めの作業があるので、そのことで頭がいっぱいで、2人を残してさっさと寝てしまいました。事の重大さにはまったく気付いていなかったのです。

ところが、実際はこの山火事は、南のキャッシュクリーク、アッシュクロフト、オカナガン地方のプリンストンでも同時発生していました。

7月8日(土)

出勤のため車を走らせていると、窓を閉め切った車内にも煙のにおいがしました。

途中、何度か煙で視界が悪い場所を通過、フォグランプは煙には効果がないことが解りました。また、フレイザー河の対岸で大きな煙が上がっているところがありました。

オフィスに着いて、髪や服に煙のにおいがついていることに気づきました。

この辺りでようやく異変を感じてきたので、とりあえず帰りにガソリンを満タンにしておくためにガソリンスタンドに立ち寄るとこのとおり。

small_IMG_2682

small_IMG_2684

ディーゼルしか残っていませんでした。

3件目のガソリンスタンドでは、「レギュラーは売り切れ、スーパーならある」と言われて阿漕な印象を受けてしまい、不機嫌全開でタンク半分を40ドルぽっきり売ってもらうことに。

迂闊にも、スタンドを出てだいぶ経ってから気づいたのですが、タンクを半分満たすとレギュラーでも40ドルを超えるので、実は何も言わずにだいぶおまけしてくれていたのでした。今だに申し訳ない気持ちです。

これも後でいろいろと話を聞いたことですが、水の2ダースパックを無料で配るスーパーがあったり、避難してきた人はキャンプ場が無料だったり。便乗値上げでぼられるのではないかと心配していたわたし、いやなやつです。

帰宅すると、煙で空が見えなくなっていました。

small_IMG_3402

天気の良い日は遠くまで見渡せる場所でもこんな様子です。

small_IMG_3438

家人は150マイルハウス付近まで行ってみたそうです。ハイウエイの近くまで火が迫っていたのですね。

small_IMG_3422

ハイエンドのログハウスをつくるパイオニアログハウスをいう会社は150マイルハウスに小規模の作業場を持っていますが、この作業場は消失したそうです。

煙で空気が汚染さているので、市内の病院の重病患者はプリンスジョージの病院に移送されたそうです。また、ボランティア団体による被災した家畜を受けが始まりました。

7月9日(日)

空気の汚染が悪化。外に出ると目がちかちかと痛くなるほどです。とりあえず、犬はトイレ以外は外に出さず、家は閉め切ってしのぎました。幸い気温が上がらなかったので、エアコンも必要なく。

しばらくは煙越しの太陽を見ることになります。赤やオレンジのいやな色の太陽です。

small_IMG_3491

フレーザー川の対岸からまた煙が上がっていました。

small_IMG_3500

この日の夜、昨日泊まっていった家人の友人が住む100マイルハウスに避難命令が出ました。

地元にはTolkoとWest Fraserという大きな製材所がありますが、この日に山火事のため操業中止を発表しました。

家人が避難を検討したほうが良いのではないかと言っていました。風が吹く度に延焼が起きるのではないかと気が気でなかったのですが、地元では未だ警告(alert)も出ていないので、月曜日に出勤して、もう少し状況を把握してからということで、この日は終わりました。






ジャーマン・シェパード ブログランキングへ

続きを読む

このページのトップヘ