カナダの山奥で犬と田舎暮らし

カナダBC州の奥地に移住してきました。大型犬2匹と暮らす毎日、カナダ国内旅行、ときどき浦島状態の日本再発見の旅の記録です。

勤務先が市街地から60kmほど離れていることに加えて、始業が7時なので、ウィークデー早朝からばたばたします。もともと朝は弱い方だったのに、この会社で働き始めてから遅刻もほとんど無しで今年で6年目に突入しました。これには自分でも少し驚いています。

幸い、会社が従業員のためにチャーターのバスを出してくれるので、このバスの時間に間に合えば遅刻せずに出勤できるのです。バスはすぐ近所で拾ってくれるのですが、5時30分に家を出なければなりません。自分の車を運転して行けば、6時すぎに家を出ても充分なのですが、冬の漆黒の闇の中、鹿が飛び出して来たら~と心配しながらハイウエイを走るのはストレスになるので、もっぱらバス頼りの通勤です。

バスは2x2の席、2席分をひとりで使えるので、夢の中をうろうろしているとオフィスに到着です。

このスケジュールで食事をしてから出勤するのはほぼ不可能なので、会社に着いてから、始業まで15~20分余裕があるので朝ごはんにしています。最近の定番はアーモンドフラワーのバナナブレッドです。

元のレシピはこちらです。卵を使ったお菓子のレシピは、アメリカかカナダのものを使っています。と、いうのは、こちらの卵は小さめなので、卵の個数に合わせると、北米製のレシピのほうが上手くいくので。

材料はとてもシンプル。ちょっとだけ、自分風にアレンジしています。

中くらいの完熟バナナ3本
アーモンドフラワー500cc
卵3個
オリーブオイル65cc
ベーキングソーダ(重曹)小さじ1

これだけです。ベーキングソーダやパウダーを使う焼き菓子は失敗なく簡単にできるので、わたし向きです。

今回は冷凍しておいたバナナを使いました。凍っているときはまっ白ですが、解凍すると茶色くなってしまいます。

材料全部をボウルに入れて、ブレンダーで混ぜるだけです。

small_IMG_4841

全部の材料が混ざったら、くるみなどを混ぜ込みます。ナッツ類を入れると歯応えが良いので、アーモンドのスライスも入れてしまいます。欲張って入れすぎると、崩れ易くなるのでほどほどに。

small_IMG_4842

あとは、オイルを塗った型に入れて、350F(180℃弱)で50分ほど焼きます。竹串を刺して、何もついてこなければ、出来上がりです。焼き時間が長いので、表面が焦げないようにアルミフォイルで覆います。

small_IMG_4843

できあがり。砂糖や蜂蜜、甘味料などを加えなくても、いい具合の甘さに仕上がります。

わたしは面倒くさがりのため、ボウル2個で材料を混ぜて、1回に2本焼いて冷凍しておきます。だいたい半分で1週間分なので、これでこの先1か月は朝ごはんの心配なしです。

small_IMG_4844

暖かい飲み物と一緒にのんびり朝ごはんです。アーモンドフラワーで作ると小麦粉を使うより、お腹の持ち時間が長いので、7時きっかりからフル稼働で仕事にかかってもエネルギー切れの心配がありません。

とは言っても、10時を過ぎる頃には少しお腹が寂しくなるし、1日は長いので、スナックを持参していきます。チーズとか、野菜スティックとか果物とか。

small_IMG_4866

それでは、まわりのカナダ人はお昼はどうかというと、サラダ、野菜スティックにディップ。あるいは何もつけない生野菜だけ、オレンジかりんご1個とか、ちょっと驚きの軽さなのです。主食類を持ってくる人もライス率が高いのも驚きです。

確かに、お昼を軽くすると午後睡魔と闘うことなく仕事ができるので見習ってはいますが、わたしはサラダてんこ盛りと、チキンとフルーツとか、誰よりも量が多いかもしれません。




3月末から毎週末庭仕事にかかりきりで、あと丸2日もあれば完了なのですが、考えるだけでもうんざり状態に陥ってしまったので、気分転換することにしました。あまり遠出せずに、手軽に行けるところでカムループスに2泊3日で行ってきました。

カムループスに行くのであれば、買い物の用事があったりで、夏場でもあることから犬たちは預けて不参加、家人と2人旅にしました。

出発間近に気づいたのですが、6月21日は夏至、1年でいちばん日の長い日、今年はカムループスで迎えることになりました。

カムループスは陸路で300kmほど南東に下るので、日没は地元よりも少し早い程度で、さして変わらず9時半ごろだろうと予想していましたので、トンプソン川沿いのリバーサイドパークで陽が落ちる時間帯に散策のために出かけました。ところが、公園に向かう途中で、陽は山の向こうに沈んでいってしまいました。

後で調べたところ、6月21日の日没は
   ウィリアムズレイク   21時33分
   カムループス     21時17分
と、15分以上もの差がありました。ウィリアムズレイクは北緯52.14度、西経122.15度、カムループスは北緯50.67度、西経120.34度、この差が16分の違いにどう影響するのかリサーチしてみましたが、サイエンス脳でないわたしには、とても無理でした。ちなみに、さらに南にあるバンクーバーの日の入りは9時21分と、カムループスよりも少し遅かったようです。ただし、日の出は5時16分と、カムループスの4時48分とウィリアムズレイクの4時47分よりも遅いのですね。

始めてカナダの地を踏んだのはモントリオールでしたが、夏の日の長さに驚いたものです。今年の日の入りは8時46分でした。バンクーバーに移動したとき、さらに日の長さに驚き、さらに北へ引っ越しているので、夏の1日は随分長くなりました。

日本の北端を宗谷岬とするならば、モントリオールの緯度はほぼ同じ45度ほでですが、温暖なバンクーバーはさらに北で49度というのも、不思議な気がしないでもありません。

日没には間に合わなかったのですが、リバーサイドパークを歩いてみました。16時間強の長い1日の終わりです。

small_IMG_4955

1985年に、鉄道会社に雇われた中国人の労働者がキャンプ生活をしていた場所から公園になったそうです。中国労働者は過酷な労働条件を強いられていた時代です。

思いのほか古い公園なので、大きな木があちこちにありました。

small_IMG_4941

前日は雨ふりで肌寒かったのですが、暑からず、寒からず、とても気持ちの良い夕暮れでした。

small_IMG_4947

夏至の日の夕暮れ。

small_IMG_4944

だいぶ暗くなってきましたが、もう少し散歩することにしました。

small_IMG_4957

ホテルに帰る頃は、とっぷりと日が暮れました。

small_IMG_4961

そして、翌日帰路につきました。

いつもはキャッシュクリーク経由でカムループス入りしますが、帰路はリトルフォート経由にしました。

個の道をまっすぐ行くと300kmほどでアルバータ州のジャスパー、わたしたちは左に折れて200kmほどでわが家です。

small_IMG_4966




緑がいっぱいの季節になりました。真夏になると乾燥のため、草が黄色くなってしまうので、今が緑を楽しむには一番の時期です。

small_IMG_4878

わが家のドライブウェイもすっかり雑草が繁茂しています。

実はもう手の施しようがないほどに荒れ果ててしまったので、庭師にお願いするつもりで尋ねまわりましたが、今からでは2夏先までいっぱいらしく、諦めて自分で手入れをすることにしました。

緑と黄いろに覆いつくされているところは、近所の人によると、ロックガーデンだったそうです。まず、育ち過ぎたバラの枝を払って、雑草の根を掘り出し、ウッドチップと雑草シートを敷き詰めた上に石を戻す作業を毎週末続けています。

3月末、雪が溶け切らない頃から始めたのですが、たった1m四方ほど進めるのに丸一日かかるという、気の遠くなる作業なのですが、ようやく半分ほど出来上がってきました。

small_IMG_4869

こんな感じにすっきりとなります。

田舎暮らしを始めた収穫は、やる気さえ出せば結構いろいろなことが自分でできること気づいたことかもしれません。

small_IMG_4868

と、いっても犬の散歩は待ってくれないので、いつものように出かけます。

small_IMG_4880

かなり日が長くなったのと、明日は休みということで7時過ぎののんびりと出発。

small_IMG_4879

いつもの散歩コースの折り返し地点に来る頃には、夕方の日差しになっていました。

small_IMG_4898

突然気が変わって、少し寄り道することにしました。

small_IMG_4899

この細いトレールを抜けると川にぶつかるので、オーバーヒート気味の2代目を冷やしてあげるつもりです。

small_IMG_4904

川に出ました。

small_IMG_4914

思ったより流れが急だったのですが、2代目は平気。犬4号はいつものように見学。

small_IMG_4918

2代目が流されるのではないかと心配でしたが、浅瀬で遊んでいたので大丈夫のようです。

small_IMG_4921

水鳥が休憩中。

small_IMG_4923

だいぶ日が暮れてきたので、引き返します。8時45分でした。

small_IMG_4924

家に着いて、9時38分。まだまだ日は長くなります。夏は10時過ぎでもほんのり明るいので、いつも睡眠不足です。

small_IMG_4926



このページのトップヘ